実態のないもの

ネットでの誹謗中傷による被害は、弊社の逆SEO対策で解決することができます。悩みの種を根本から解決しましょう!
専門業者に依頼をする風評被害対策をすることによって、悩ましい風評被害の問題を解決することができます。

実態のあるものには対処しやすいが、実態のないものは対処に困る。

例えば風評被害。これなどは、企業にとっての大敵だろう。
事実ではないのに、あたかも事実であるかのように悪評を流される。これに独力で対抗するのは難しい。
悪評を流している人が特定できるのならば、営業妨害であるとして法に訴えることもできる。だが例えば、「2ch」など、不特定多数が利用する巨大匿名掲示板で発生した風評被害なら……もはや、打つ手はないとさえ言える。

しかし、放置しておけば、被害は拡大するばかりだ。どうにか対抗しなければならない。
そこで考えられるのが、逆SEOだ。

SEOとは、サーチエンジン最適化を意味する言葉で、本来は企業が提供するサービスや商品などの宣伝効果を高めるために用いられる。
その逆、逆SEOとは、サービスや商品、あるいは企業そのものの風評被害がこれ以上広まらないよう、宣伝効果を下げ、人の目に触れないように匿うことだ。

その間に、問題となる2ch削除の依頼をだしたり、風評被害を打ち消す真実を流布させたりする。特に2ch削除は重要である。情報の発信源がいつまでも残っていると、対策を講じてもすべて後手に回ってしまうからだ。

逆SEOを行うためには、SEO対策業者に依頼するのが確実と言える。サーチエンジンを最適化する手法を心得ている業者は、その逆の逆SEOのための手法も心得ているのだ。
また、特別な手順が必要な2ch削除も、彼らに任せておける。2ch削除を当の企業が行えば、「事実隠蔽」「捏造」などの、新たな風評被害を招きかねない。
できるだけ、触らず、寄らず、関わらず。逆SEOをSEO対策会社に委任するのが一番良い。

自分の大事なお店の風評を悪くされたら嫌ですよね。風評被害に遭われている方が居ましたらこちらで対策を考える事ができるので参考にしてみてください!

Posted under by getoutthevotetowin.com on 月曜日 12 8月 2013 at 4:00 PM

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

現在、コメントフォームは閉鎖中です。